メソセラピーを大阪で

subpage01

メソセラピーは注射で脂肪を分解するという施術であり、痩身効果のある注射として大阪のクリニックでも行われています。

メソセラピーでは脂肪を分解する薬剤を気になる部分に注入していくことになりますが、それによって脂肪の溶解と排出を促すことができるのです。

部分痩せに適した施術となっており、治療を重ねるごとに効果が出やすくなるということです。


脂肪溶解注射では高脂血症などで用いられている薬剤を使用しており、副作用のリスクが低いことも人気の理由です。

脂肪溶解注射で使用する薬剤は大阪のクリニックごとに異なっており、しっかりチェックしておくと良いでしょう。



大阪のメソセラピーは気になる部分だけを治療できるというメリットが挙げられます。
また、メスを使用せずに注射するだけなので安全性が高いですし、日常生活に支障をきたす心配はないのです。また、使用する針は非常に細いので痛みは少ないですし、傷跡が残ってしまうこともありません。


メソセラピーのデメリットとしては1回に処置できる範囲が限られているということであり、ダウンタイムが必要ということも知っておきましょう。



顔に施術した場合は1週間程度腫れやむくみが続くこともあります。
施術はベッドに横になって薬剤を注入していくのですが、薬剤には麻酔薬も含まれているので痛みはほとんどありません。


1回で注入できるのは注射3本までとしているクリニックが多いため、きちんと確認すると良いでしょう。



また、注射1本あたりで施術できるのは手のひら程度であり、継続して治療を受ける場合は3週間程度あけてから行っていくことになります。